2013年01月12日

ご無沙汰しております。今年も宜しくお願い致します。

凄腕マミーです。

昨年〜おばあちゃんの介護が続き、ブログの方をご無沙汰しておりました。
おばあちゃんも最後まで見届けましたが、その後体調を崩し、長期休養をしておりました。

■無事に体調の方も回復し、今年からは心機一転、さらに美味しいキムチ作りを目指して精進していくつもりです。■

相変わらず、材料にはこだわって、提携している野菜屋さんにその時期のベストの白菜を入れて貰っています。
この野菜屋さんは30年以上付き合いがあり、マミーが納得する上等なものしか持ってきません。
(中途半端なものだと怒られるのを知っているので)

去年の秋に、対馬海峡を渡り、新採の韓国漢方唐辛子を提携の農家まで買い付けに行ってきました。
ここの農家も30年以上のおつきあい。
できの一番よい、太陽の光をいっぱい浴びた天日干しの最高級のものです。

日本では絶対に手に入らない、地元の漢方薬屋さんや、高級料亭にしか卸さないこの唐辛子。
マミーの人付きあいから、特別に分けて貰うものです。

キムチの甘みは相変わらず、高級のラ・フランス(ル・レクチェ)+林檎+国産梨+岡山産の干し柿+純粋蜂蜜+その他シークレットな愛情のスパイス♡

塩は沖縄産で、丸みのある塩加減です。
とにかく材料代度外視で、相変わらず作っています

もちろん、人工甘味料・保存料・合成調味料は一切使っていません。
だから家族みんなで安心して召し上がってください。


元々マミーがキムチをつけはじめたのは、ある高級キムチをつくる工場を見学したとき。
その時、砂糖と合成調味料の袋の山と、バケツいっぱいにいれられるその工程を見て、驚愕したことから。

元々料理付きで韓国おたくのマミー。
韓国人のおばあちゃんを無理矢理説得(半分脅して?)、テクニックを取得。

ベストな材料と、確かな製法、そして何よりも手作りの愛情をいっぱい込めて、食べて頂く皆さんの笑顔を想いながら、一束、一束、白菜の1枚、1枚に丹念にキムチを作っています。

今でしたら、今までお休みしていた分、それほどお待たせすることなく、1〜2週間でお届けできます。
また今なら美味しい沖縄産鰹節入り、白菜の柚子漬けをサービスしています。(なくなり次第終了です、あしからず)

冬は白菜の甘みが増して、美味しい時期です。
是非寒いうちにご賞味ください!

キムチ鍋にしてもよし、チゲを作っても良し、熱燗のアテにも最高です。
ダシの一滴まで、料理に使えますよ〜。


タグ :キムチ


Posted by 凄腕マミー at 13:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。